人気ブログランキング |

テナーサックス奏者、吉本章紘(よしもとあきひろ)のブログです。 【公式ウェブサイト】akihiro-yoshimoto.com


by yoshijazz

<   2019年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

深海魚 2019年ライブ情報

1.29 (tue) @下北沢 Apollo
start 20:00- (2sets)
music charge 1000yen(+hat chip), Bar charge 800yen


2.11 (mon) @新宿 Pit Inn(夜の部)
start 20:00- (2sets), charge 3000yen
予約受付中:03-3354-2024


3.15 (fri) @下北沢 Apollo
start 20:00- (2sets)
music charge 1000yen(+hat chip), Bar charge 800yen


"深海魚 / Shinkaigyo"
吉本章紘(ts) 岩見継吾(b) 林頼我(ds)
f0179543_20470956.jpg

Designed by Koutaro Miura

by yoshijazz | 2019-01-18 19:00 | 深海魚
先日、サックスの雑誌で奏法のことを紹介した際、各方面から、
もうすこし詳しく説明してほしいという要望がありましたので、
このブログで、僕が考えている奏法を一部紹介していきたいと思います。


今回は、『奏法 #1 アンブシュアのこと』
と題しまして、アンブシュアのことを深めたいと思います。


どんな管楽器も奏法を考えた時、やはり一番大切なのは息の使い方だと思います。
特に、吐く時の、息の支え方が、すべての音の根源であり、それが管楽器奏者にとって命取りになるのは間違いないと思います。

その次に大切なのが、アンブシュアではないかと考えます。

LPで説明するなら、レコードが自分の体で、再生機が楽器、
アンブシュアは、レコードの針みたいなものかと思います。

楽器と体から出てくるものを一体化させる接続部分ですね。


よく、『アンブシュアは、そえるだけ。自然体でリラックスですよ!』

と教える先生の話もよく聞きますが、

僕は逆だと考えていて、アンブシュア、特にリードとの設置面である下唇の使い方を考えることが、実は大切だと思っています。

これはリラックスから得られるものではなく、楽器が鳴る時の理屈を考えなくてはいけない要素になります。

まず、リードと接する下唇を有効に使うためには、下歯とのスペースが必要になるため、
まず下顎が下がる必要性があります。

一般的には、下顎が落ちると音程も下がりますが、それは舌も一緒に下に落ちることで口の内径が広がりすぎている場合が多いので、素早いタンギングなどをして舌の位置を、正常なポジションに修復する事で、本来の自然な音程が戻るように思います。

下唇を有効に使うこととは、上方向(リードの方向)にどういう圧をかけるか、リードにあてる唇の面積、圧をかける方向などを考える事のように思います。

下唇を上方向↑にどう使うかを考えながら、下顎を落とす↓というのは、
普通に考えると、相反する矛盾した行動です。

これを解決するには、ある種のトレーニングが必要になります。

しかし、下唇を様々コントロールできると、
力強い音、柔らかい音、倍音の多い音、少ない音、深いビブラートなど、
いろいろと表現力がUPするのではないかと思います。







by yoshijazz | 2019-01-15 06:52 | 日々の事

深海魚 Bandcampページ開設

Akihiro Yoshimoto Trio ”深海魚” の音源

shinkaigyo.bandcamp.com にて、視聴できるようになりました!!

よろしくおねがいいたします!



今後のライブスケジュール👇

1.29 (tue) "深海魚 / Shinkaigyo" @下北沢 Apollo
吉本章紘(ts) 岩見継吾(b) 林頼我(ds)
start 20:00- (2sets) / music charge 1000yen(+hat chip), Bar charge 800yen

2.11 (mon) "深海魚 / Shinkaigyo" @新宿 Pit Inn(夜の部)
吉本章紘(ts) 岩見継吾(b) 林頼我(ds)
start 20:00- (2sets), charge 3000yen / 予約受付中:03-3354-2024

3.15 (fri) "深海魚 / Shinkaigyo" @下北沢 Apollo
吉本章紘(ts) 岩見継吾(b) 林頼我(ds)
start 20:00- (2sets) , music charge 1000yen(+hat chip), Bar charge 800yen

by yoshijazz | 2019-01-14 02:56 | 深海魚

2019年。

最近、曲を作ることが面白い。
作曲の依頼もたまにいただいていて、その活動が本業になったら、これからの人生楽しいだろうなぁ〜と、ふと思ったりする。

もし作曲だけで仕事になったら、都内にアクセスしやすい場所に住む必要はないから、真っ先に、自然豊かで山が見えて、朝起きたら澄み切った空気を吸って、新鮮な野菜を美味しくいただけるような、田舎生活を実現させたい!!

小さい頃は、好きなように絵を描いたり、なにかをじっくり作るのが好きだったので、もしかすると演奏することより、性に合っているのかもしれない、、、笑

と、思ってみました。

さて、2019年はどんな年になるかな?

f0179543_01190845.jpg





by yoshijazz | 2019-01-12 00:55
今年は、深海魚を飛躍の年にすべく、プロモーションにも力を入れようということで、ドラマーの林頼我くんと打ち合わせをしてきました。

新宿の”the 3rd burger”で、ポテトをモリモリ食べながら、いろんなことを話しました。笑

こういうのは考えてる時が一番楽しいもんです。
今年の深海魚は動きますよっ!!!!

まずは、2/11 ピットイン夜の部からです。

よろしくお願いします!

f0179543_00424918.png

by yoshijazz | 2019-01-12 00:41 | 深海魚

aTak band

激盛り上がりなイベントでした!!

f0179543_21292718.jpg

f0179543_21294359.jpg

by yoshijazz | 2019-01-01 21:28 | ライブ日記